s_DSCF9581[1]木曜日の夜突然鳴りだした携帯の緊急地震速報!そこからのはじまりでした。最初は、大きな地震だと捕らえていました。

しかし金曜日の夜中は、寝ていてビックリ山口でもかなりの揺れを感じました。

それからなんども携帯からの速報に眠れなくなりました。

現地の方々は、500回も体に感じる揺れを体感しているようです。

本当に恐怖やストレスでいたたまらないことでしょう。

私は、報道で流れてくることだけを傍観することしか出来ていません、食料・水・おむつ衛生用品(トイレも含め)足りていないようです。

行動すぐに起こせるものなら”持っていけるのに”とか頭の中で考えてしまいます。見ていても胸を締め付けられるようです。

家も本震がある昨日まではまだ無事だったのにとか、住むところがなくなるということは、想像も絶することでしょう…

どうしても耐震性のない家は、被害にあってしまいがちです。

今からでもどうにかできるものなら…家の診断をする診断士(インスペクター)という方々いらっしゃいます。(日本建築士会連合会)

これからでも遅くありません、ご自分の家のことで困っていらっしゃれば、調査してみてはどうでしょうか

 

s_DSCF9582[1]