今年もたくさん10本ものタケノコをいただきました。ほりたてでアクもなくとても新鮮です。

ぬかと鷹の爪をいれて約1時間ほど茹でました。煮つけやタケノコご飯、木の芽和え春巻きと色んなパターンで、お料理いたしました。

そしては美味しくはいただきましたが、食べきれませんでした。飽きてくると、どうしても食べ物を粗末にしてしまいがちです。

古くなると味も落ちてきますし、下手をすると傷んで食べられなくなり食品ロスにもなりかねません。

旬なものは、今その時食べるのが、ベスト

煮つけにしたものをお友達に少しおすそ分けいたしました。

おすそ分けって、人間関係が、なんとなくほっこりできるコミュニケーション

それでも使い切れなかったものは、砂糖をまぶして冷凍保存をいたしました。

s_Image193[1] s_DSCF9579[1] s_DSCF4385[1]