お正月休みを利用して、京都宇治にある平等院へでかけました。

お見事な寺院でした。残念ながら本堂の中には(行列で2時間待ちでした)入れませんでしたが、晴天で、朱色が美しかったです。

外観の色もさることながら、中の復元も凄い!!のひとこと、本物を見るとさらに感動いたいします。

元の状態とは、全く一緒ではありません、最も似たようにお色直ししていきます、こうして大切に受け継がれてきたのでしょう

家に帰りまして、欠けていた湯呑の修理(金継)をいたしました。

思い入れのある(プレゼントされた萩焼です)ので元どおりにはなりませんが、味わいのあるオンリー椀(ワン)です。