手放せないモノの1つにきものがあります。

着なくなった着物を普段着にしようと次女が取り掛かっています。

昨年11月に、ルネッサ長門にて県立大学主催の農をテーマのファションショーで見た”もんぺ”

“コレだ”と作ることにいたしました。

着物先生の手ほどきで、型紙作成→着物をほどき→洗い→アイロン→裁断そして縫製とこんな手間のかかる工程で進んでいます。

だからこそ、だんだんに形になる喜びや苦労に何とも言えない充実・達成感・自信につながります。

なによりこのもんぺに愛着をもてます。