この春オープンした萩・明倫学舎、オレンジ色のフランス瓦に連続する窓枠で、どこか懐かしいような建物

藩校からほんの3年前までは学校として存続していました、国の有形文化財です。

中に入ると、2階に見学用に天井裏の小屋組み天井に方位盤 90メートルある廊下

 

untitled

 

壁には”ダストシューター(1階にゴミを落とせる)”⤵ なるほど凄い工夫だなぁ!と感じました。

untitled

 

そして教室には、”松陰先生のお言葉”が掲げられ、それを1年生から6年生までそれぞれの学年に合わせた文章を唱和しているんだそうです。

私達が日頃、意識し忘れていることを問いかけられているような気がいたしました。