山口県は高齢化が深刻、医療現場でも、医師の高齢化やスタッフ不足の現状があります。

そこで今回は看護協会萩支部主催『現場や家庭で役立つ整理』というテーマで萩市の都志見病院にて

少しでも職場環境を良く仕事の効率アップ・家庭とのワークバランスを良くしていくために整理の基本講座をいたしました。

気ぜわしい年末に夜勤明けやお休みのところ看護・介護師の方々に多数ご参加いただいきました。

皆さんは、家事や育児といった中でプリント・おもちゃ

仕事の研修の紙類の整理に困っている、衣類の整理といった問題が多く出ました。

沢山かかえているモノやその問題に決着をつけて、少しでも改善できるようなヒントになった時間になれたかと思います。

帰る際、おみあげに萩の老舗光圀本店の【夏ミカンの丸漬け】をいただきました。

萩ならではのスイーツ🍊スタッフの方の地元を大切に愛を感じることが出来ました。