猛暑!!で食べ物が食べられなく残ってしまった(残飯)、調理時の野菜の皮やへた

などなど…家庭から出る食品ロスなのです。

毎日日本国民1人当たり🍙おにぎり1個分捨てている計算になります。

本当にもったいない!!事です。

  この食品ロスは生ごみで『燃えるゴミ』分類になります。

しかし濡れているものを焼却するとカロリーが高くなってしまいます。

山口市では少しでも生ごみを減らす取り組みとして『段ボールコンポスト』を推奨しています。

 まず段ボールを用意して ピートモスともみ殻燻炭とを混ぜ合わせて作ります。

詳しくは下↓↓(やまぐちエコ倶楽部)

http://www.c-able.ne.jp/~ymgplaza/tyousa/tyousa.html

    そして、生ごみを投入し発酵をはじめます。

3ケ月間毎日入れ、1ケ月熟成させるとなんと立派な堆肥に!!

簡単に家庭でも出来ますので是非チャレンジしてみてはいかがです。

環境にもやさしくゴミも削減できます。

#食品ロスを家庭から考える取り組み

#整理収納アドバイザー2級認定講師

#やまぐちエコ倶楽部