お正月に使い切れなった食品・年末に頂いたけれど食べきれない・好みではない食べ物、おうちに存在していませんか?

最近スーパーや公共施設などでもお目見えする様になった『フードポスト』

     まだ食べられるもの(賞味期限の切れていない食品)を食にお困りな家庭に届ける為その様な食品を集めるBOXです。

  日本では食品ロスといった廃棄されるものが年間612万トンもあるのです。

もったいない話です、当たり前にお店にいってお金を払えば食べ物を調達できるのですが

今後、温暖化進んでいくと益々自然災害が起こり

魚がとれない、野菜の収穫ができないと入手が難しく食料難ということにもなりかねません。

そこで、こんな不幸を回避できるように

買い物からを意識して例えば献立や人数やエシカルな消費などと無駄が出ないように工夫する

そして食品庫・冷蔵庫もしっかり管理し、定期的に食品整理をしていくことも大切になります。

コロナ感染拡大のように日常生活が消えるようなコトにならないよう1人1人の行動する力で環境維持していかなければいけません。

#整理収納アドバイザー2級認定講師

#地球温暖化防止推進員

#山口県自主防災アドバイザー